チップという文化

コーヒー

日本人が海外旅行に行くと戸惑う文化がチップを渡す文化だと思います。海外旅行のガイドブックには必ずチップについての案内があり、レストランやポーター、タクシーのサービス、泊まったホテルのベッドメイキングやトイレの使用にまでチップを払わなければいけません。

以前、NYに行った際に英語もわからずチップをどうすればいいのか全くわからず困った経験があります。でも近くにたまたまいた日本人の方がいて親切に教えてくれて助かりました。

その時NYはクリスマスシーズンで街中がライトアップされてクリスマスモード全開でした!特に街にあった巨大クリスマスツリーは本当にキレイでした。

もうすぐ私の甥っ子が5歳の誕生部なのでクリスマスプレゼントとして可愛いクリスマスツリーをプレゼントしようと思ってます^^
このサイト、クリスマスツリー専門の通販で値段もお手頃なのでオススメですよ→クリスマスツリーのクリスマス屋 - 通販 - Yahoo!ショッピング

 

さて、チップの話に戻りますが、チップの相場がわからず戸惑うことは多くあります。日本人には馴染みがないチップという文化にいくら渡せばいいのだろうか?ここでも渡したほうがいいのかなどせっかくの旅行中に不自由な思いをすることも多いでしょう。チップが煩わしいと感じるのは何も日本人だけではないでしょう。しかしどうして外国では未だにチップという文化があるのでしょうか?


チップは心づけだと考えられカード社会の欧米でもチップは現金で渡します。これはありがとうの気持ちを込めたコミュニケーションの手段としてはいいのかもしれません。しかし、日本でもサービスへの対価は必ず払われています。サービス料が食事の価格に上乗せされることもありますし、価格表にもともとサービス料込みのお店も多いと思います。

このほうがはるかにわかりやすく便利ではないでしょうか。相場はあったとしてもチップはその人の個人的な考えによって金額が最終的には決まります。同じサービスをしていても不平等な場合もでてくるはずです。払う側だけではなく受け取る側にもチップの文化のデメリットがあるのではないでしょうか。


最近は欧米でもチップが面倒であるという考え方が生まれているようです。実際に日本のようなチップの文化のない国を旅行した欧米人が実感としてチップは不必要であると言っているのかもしれません。日本人が旅行をする場合にもチップがなくなれば海外旅行がもっと快適になるでしょうがそれ以上に、現在チップの文化がある国の人々はその煩わしさを体感しているのでしょう。文化を変えるには時間がかかると思いますがチップの文化はなくなって欲しいと思います。

当サイトがオススメするサイト


即日融資・・・即日融資できる銀行カードローン、消費者金融のカードローンを紹介しているサイトです。
土日祝日 カードローン・・・休日でも即日融資できるカードローンが紹介されているサイトです。