チップがなくてもできるサービス

日本はサービスにおいてとても優秀な国だと思います。例えば道をきいたら仕事でもないのに親切に教えてくれる人がたくさんいます。まして、百貨店やショッピングモールの案内は素晴らしく地図を使って丁寧に説明してくれることが多いのではないでしょうか?


欧米の案内係には、こうした意識はありません。ショッピンモールのフロアガイドがきれているなんてことは日本ではけっして起こりません。しかしヨーロッパやアメリカではなくても平気で謝る姿勢もありません。仕方ないのです。


こんな感じで日本のサービスと欧米のサービスを比べるとその差は雲泥です。ましてチップがないアジアなどの外国はもっとサービスについての意識は低いでしょう。


日本人はとても接客に厳しいとも言えます。普段から充実したサービスを受けているので、もしサービスに不愉快な点があればすぐに怒ります。こうした人は店側に謝罪を要求することも多いでしょう。多くの百貨店や企業ではお客様相談室を抱えています。デパートにくるお客さんはとくに厳しくすぐに文句をいう姿が見られます。日本人は日本語では流暢に文句をつけられるのです。

 

また接客する側も謝ることに慣れていて、ひたすら頭を下げ続けます。
しかし英語になると話は別です。英語ができない場合は、なかなか注文をつけることができません。しかも欧米人はガが強いので従業員であってもなかなか素直に謝りません。

 

こうした差に日本人は適応できず、本当に店側に過失があっても結局黙ってしまうこともあるのではないでしょうか?
この頃はクレーマーが多く、働きづらい世の中になっています。日本のサービスはもともと優れているので、あまり高望みをせず現状に満足し、多少の不手際も多めに見る余裕が必要なのではないでしょうか?あまり神経質になるのはよくありません。お互いに人と人とのコミュニケーションがサービスの向上につながっていくので、笑顔で応対したいものです。