チップの相場はいくら?

チップを日本で払う習慣がありません。しかし海外旅行などでヨーロッパやアメリカに行くとこの習慣が根付いており、払う必要があるところが多くあります。一体いくらくらい払えばいいのでしょうか?この問題についてそれぞれの場所でどのくらいのチップを払えばいいのか検証してみましょう。
まずはレストランです。ここではチップが飲食代の10〜15パーセント必要となります。会計と別で必要となると多く感じます。しかし、日本では一般的にサービス料として会計時に含まれているものです。

 

なので、海外で食事をする場合には払ったほうがいいでしょう。カードでお支払いするときはチップの金額を書き込む欄もあります。または勝手に15パーセント惹かれている場合もあります。ですので、心配な方は現金でお支払いするのがいいでしょう。現金で払う場合、大きいお金がしかなかったら両替をしてもらいましょう。


カフェ等でご飯を食べたときはウェイトレスやウエイターが席まで料理を運んでくれた場合にチップが必要となるので注意しましょう。ヨーロッパやアメリカのウェイトレスやウエイターの賃金はとても低いので、彼らにとってチップで得られる収入はとても大事なのだと思います。
そしてホテルの場合はどうでしょうか。ベッドベイキングに1〜2ドルくらいは必要でしょう。これは毎日必要ですし、さらにハウスキーピングの人にお湯やドライヤーを持ってきてもらった場合もチップが必要となります。日本のホテルでは当然のサービスですが海外は違います。お湯自体が有料ですしチップも1〜2ドルは必要です。

 

ルームサービスの場合は15〜20パーセントのサービス料があらかじめ含まれている場合があるので確認してからお支払しましょう。
そして駐車係に車を止めてもらう場合もチップがいります。1回3〜5ドル程度ですが、ホテルのランクによって変わってきます。
このようにチップを払う場面は非常に多く、常に意識して行動しなければなりません。